”ゆるゆるな毎日” 食べたくなるワケ

私、昔、若い頃はもっと性格がきつくて激しくて、よく人とぶつかってました(笑)

いわゆる「こうすべき」「こうあるべき」がすごく強くて

真面目といえば聞こえがいいですけど

自分のべきが標準だと周りに線引きしていました

そこから外れようなもんなら、なんで???って腹をたてていました
歩み寄ることは無かったかもしれません

今は本当に穏やかになりましたけど(笑)

お客様から”少人数の輪の中にいるととても緊張する”と言われました

”ストレスがあるとそこにあるお菓子が食べたくなる”
??なんのストレスですか?
”自分が周りの人に対して、みんなの為になるような

いい質問をしないといけない”とか
”みんなの士気が高まるように、自分が進行を妨げてはいけない”とか
”まわりのみんなとうまくやりたい”
”まわりの目を気にしていると疲れる”

なので食べることで自分を落ち着かせている・・ということのようでした

うーん(゜-゜)

根本には、皆が持っているイメージと違う本当のこんな自分がばれたら
という、仮面の自分と本当の自分のギャップに問題があったりします

他にもお堅い職業の方とかそのご家族にもその傾向がみられることがあります

警察官はこんな悪いことはしない人とか
裁判官は嘘つかないとか

教師はなんでも知っているえらい人とか
小さい頃から長男なんだからこうしなさいとか

おねえちゃんなんだから我慢しなさいとか
勝手に枠に入れられて

自分と違う人間を演じないといけない
本当の自分はもっとルーズだったり、いい加減なのに

キチンとしてないといけない

そのギャップに疲れてしまう

急にそのギャップは埋められないので

ちょっと妥協点を見つけます

どんな自分だったら楽なのか

周りと緊張せずに自分らしくいられるのか

少しずつ歩み寄ります

あなたがあなたらしくいられるように

あなたが楽になれるように

いろんな方法があります

一人では思いつかないようなことですが

ちゃんと、あなた自身が答えを出します

たべたくなるワケって色々なんですね~